相互リンク専門サイト運営記録

「厳選相互リンクSEO」サイトにご訪問の方たちや、相互リンク登録希望のサイトさんに対する広報的な役割としてのブログ。トップページからリンクを貼って下さったサイトさんの 重点的なご紹介など。

「厳選相互リンクSEO」に相互リンク登録頂いたサイトさん、義務ではありませんが、このブログ版の『貴サイト専用のURL』に下位ページからでもリンクを貼って頂けませんか? よりリンク効果が高まると思いますよ!
        Webマスター必読のブログクリック!HP・ブログ・PageRank・SEO・傾向と対策
  厳選相互リンクSEO 厳選相互リンクSEOサイトマップ 本ブログの重要なお知らせ! ブログ版サイトマップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、約束違反につき、4サイトさんリンク削除

最近は、登録するよりも削除のほうが忙しい。

もちろん無断でリンクを外されるので、仕方なく、当方の相互リンク登録を削除。
これが、昨日は4サイトさん。

登録申請サイトさんは、日によってはとても多いので、応諾メールをお送りする数も結構多い。
ところが、申請されながら応諾メールをお送りしても、お返事がない!
たまにお返事があれば、カラメールを返送される。
礼儀を知らない失礼な返礼である。
何も書かずに、何の挨拶もない。
どうしろと言うのだ、と些か不愉快にもなる。
だから、またまた応諾メールをお送りするのが億劫になる。
悪循環で、面白くない。
日本はおかしい。

 リンク外しが連続しています!削除対象ですよ

昨日も今日も、リンク外しが連続しています。
自動リンクチェックプログラムに毎日NG!の赤ランプが点滅し続けています。
何日も出っ放しのサイトさんは、昨日とうとうリンクを削除しました。
昨日は2サイト。
本日は1サイト。今月登録したばかりのサイトさんもあり、信じられないことばかり!
リンクを外しますと一言メールを下されば、気持ちがいいんだけど、こんなもんでしょう、世の中は!
相互リンクの意思がまったくないのに相互リンクの申請を出されるサイトさんがいると思えば、せっかく相互リンクしても、直ぐにリンクをこっそりと外されるサイトさんがいる。
まあ~~、こんなことはネットのプロの先生には、教わっていたことですから、いまさら驚きもしませんがね、チトひどすぎるのは確か。
当方、自動リンクチェックプログラムで管理しておりますので、リンク外しは少なくとも2日以内に発覚します。
そのときには目視でも確認しますので、サーバーダウンとか、明らかな不可抗力でない限りは、即刻削除の対象となってしまいますので、悪しからず。

相互リンクの意思もないのに申し込みだけはするサイトさんが多数!!!

昨今顕著な現象が、相互リンク専用ページもなく、トップページにもリンクを貼る余地も無く、それでも登録申請を提出される不思議なサイトさんが、とても多い。
それだから、登録申請フォームにあるリンク予定場所のアンケートには記入がない。
だから、こちらでは尚更、相互リンクするつもりは無く、冷やかしだな!と想像はつく。
応諾メールを送ってみると、案の定ナシのつぶて。
相互リンク専門サイト運営に慣れてくると、それくらいの見分けはつく。

また、無断でリンク外しをヤッテクレルサイトさんもあとを絶たない。
意外なサイトさんがこれをやられるので、些か人間不信にも陥りそう・・・・

 健康食品関連のサイトさんは薬事法をご存知ですか?

厳選相互リンクSEO」に健康食品関連サイトさんで、相互リンク登録されているのは、確か2サイトさんだけです。

申請されるサイトさんは、大変多いのですが、本日もありましたが、皆さん薬事法をご存知の方は、殆どいないようで、あきらかに「薬効」をうたっています。
これ、薬事法違反なんですよ!
とりわけ、販売目的で商品を陳列展示して、同時に薬効を記載するとなれば、厳密に言うどころか、大雑把に言っても明らかな「薬事法違反」です。

百歩譲って効能をうたっていいかも知れないことがあるとすれば、純粋に学問的、研究的な根拠のあるものを、完全に営利目的ではなく、学問・研究として述べるときに限られるようです。

多少とも、販売目的が絡む場合は、間違いなく薬事法違反です。

ですから、いくら「厳選相互リンクSEO」に対してトップページリンクを先に設置されてお待ちいただいても、絶対に応諾メールをお送りすることは出来ません。

薬事法にはウルサイ「厳選相互リンクSEO」なのです。

上記、相互リンク登録された健康食品関連の2つのサイトさんは、ほぼ完璧に薬事法が守られていたから、応諾メールをお送りすることが出来たわけなのです。

医師や薬剤師であれば、医師法や薬剤法をよくご存知ですが、一般の方は、そのへんにお暗いようですので、知らず知らずに薬事法違反を犯されていることに、気付かれていないのかも知れませんが、慎重にされないと、当局も、突然取締りを強化することだってあり得るのですよ。

相変わらず中身が空っぽのブログの申請が止まない!

何とも不思議です。
ああいう本当に空っぽ、何もない!ナッシング!!!!!
そんなブログさんが、どういうおつもりで相互リンク登録の申請をお出し出来るのか?
申請するその労力があれば、中身を充実させれば良いのに、と思うのだが、わからない、理解できない、不思議で仕様がない!
世の中、この歳になっても、分からんことだらけ。

ブログは単に借りることだけに意義があるとでも考えられているのだろうか?
不思議、ふしぎ、フシギ、わからんな~~~~
ほんとうに空っぽで申請する方があとをたたないのだから、イタズラのつもりでするとしたら、よっぽど暇なんでしょうけどネ

コチトラ、時間が無くて困っているのに・・・・・・

 相互リンク登録申請が増加中のため自サイトの更新が滞り・・・・・・

厳選相互リンクSEO」のPageRankが10月に、3から4に上がって以降、相互リンク登録を申請されるサイトさんが急に増加している。
趣味でやっている相互リンク専門サイトだけに、多くの時間を費やすわけにも行かず、そのために相互リンクの応諾メールをお出しする割合がどうしても低下してしまう。

自分のサイトやブログの更新にも影響が出て来る始末。

一つのサイトさんを登録するのに、ミスを無くすためには慎重に何度も確認しながらするため、しかもどのサイトさんも、少なくとも
厳選相互リンクSEO・ブログ版」にも登録するため、とても時間を食ってしまう。
さらには、トップページからリンク頂いた場合は、本ブログにも登録するため、ますます時間を食う。

さらには登録箇所のURLを御報告するメールを送信するまでには、慣れてるようでも、相当な労力である。

セミプロの人に、手作業は大変だよ、と言われていたが、単に自分のサイトにリンクを貼るだけの作業と異なり、意外に大変なのであった。

以上のことは、既に述べたことだが、昨今のように登録申請が急激に増えると、少々考えてしまう。

何を考えているかというと、トップページからのリンクだけという条件にすれば、申請されるサイトさんも減って、少しは楽が出来るかな~~と?
ダメですよねこれは?
でも、考えるかも?!
現在、審査待ちのサイトさんは8つくらいのものだが、これを多いと見るか、少ないと見るか、ひとつひとつ丁寧にご訪問していたら、結構大変なんですよ。

「厳選相互リンクSEO・ブログ版」に対するリンクについて

厳選相互リンクSEOで相互リンク登録されたサイトさんは、すべて
厳選相互リンクSEO・ブログ版にもリンク登録させて頂いていますが、それぞれのサイトさん専用のURLが必ず一つ発生します。それ以外にも3つのURLも発生し、合計して最低でも4つのURLがブログ内だけでも発生しています。

だから、「厳選相互リンクSEO」における被リンクと合わせると、すべてで5つの被リンク数となるわけです。

また、トップページからリンクして下さったサイトさんは、内外のリンク数が100以内の場合は、「厳選相互リンクSEO」から2つ、「厳選相互リンクSEO・ブログ版」から4つ。
さらに本ブログ「相互リンク専門サイト運営記録」からのリンク4つが追加され、合計でなんと!10個もの被リンクとなるわけです。

上述のように、ブログでは、必ず登録サイトさん専用のURLが発生しますが、それに対して直接リンクを貼ってもよいだろうか、とのお問い合わせがありました。

ブログにリンクを貼って下さる方は比較的少ないだけに、ブログ内のどこに向けてリンクを貼って頂いても大いに結構!


両ブログは、基本的にどの箇所に向けてリンクを貼って頂いても、OKです。
大いに貼って頂きたいものです。
もちろん、TOPに向けて貼って頂くのが一番嬉しいですが、どのページに貼って頂いても、構いません。

但し、ブログ類と違って、本命の「厳選相互リンクSEO」サイトに関しましては、必ずトップページ(http://cyosyu.ftw.jp/)に向けてリンクを貼って頂くのが絶対的な原則となっておりますので、念のため。

どこに向けて貼っても構わないのは、ブログ類だけ、ということです。

相互リンクはHTML形式以外はお受けできません!

10月より、フレーム使用のリンク、CGI形式のリンクは、一切お受けしないことになりました。
HTMLページの直接リンクが基本的条件ですので、悪しからずご了承下さいませ。

10月以前にお受けしたサイトさんに関しましては、これまで通り相互リンクに変わりはありませんので、御安心下さい。

なお、以前予告しました通り、10月よりリンクチェックプログラムを全面導入していますので、定期的なリンクチェックが3回とも、リンク切れの反応が出た場合は、目視でも確認後、削除となりますので、ご注意下さいませ

リンクチェックプログラムのお手柄!

リンクチェックプログラムは、9月中の新規相互リンク登録のサイトさんには既に稼動中のところ、Javascriptを用いた巧妙な、リンクとしてはまったく無効なリンクが発覚。
リンクとしてはまったく成立しないながら、あまりにも巧妙な技術力に感心していたら、友人のプロに言わせたら、悪質な手口で、かなり多いんだよ、と教えてくれた。
警告して修正願おうか、とも思案していたが、確信犯としか言いようのない手段を取られているので、結局は、本日、警告ナシに削除となった。
リンクチェックプログラム、初のお手柄。
本当は、こんな手柄は欲しくないのだが。
不可抗力と考えられる場合には、予定通り3回のチェックを待って、必ずご連絡して、お問合せするつもりだが、内容の手口次第では、つまり、確信犯と認定される場合は、即刻削除となる。

«  | HOME |  »

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Appendix

文武

文武

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。